上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず原作のあれこれから。
カツマタ問題。
作者が彼についての詳細を描き込んでいないので,
正体から動機からすべてが曖昧なままだ。
サダキヨ的な影の薄い子で,なおかつ実はフクベエより腹黒な子。
フクベエの子分のふりをしつつ下克上を狙っているような。
バッヂ事件でケンヂへの憎しみを燃やし、放送室ジャック事件で
ケンヂへシンパシーめいたものも感じている。
アンヴィバレンツっつー奴ですか。
ん?でも,フクベエが異形の存在になっていくまでの描写は
かなり丹念に説得力を持って描かれていたのに,バッヂと屋上だけでは
カツマタ君、まるで書き割りの人形ですわな。
シナリオ上の存在理由は万博での復活トリックの為の替え玉として,
その後のケンヂ一派にも予測不能な暴走独裁者として・・・
ん?じゃあサダキヨをどうにか使いましょうよ。
あ,彼はいい者だったから二代目は無理か・・・。
まあ整合性はとれていると思うけど、やっぱ蛇足に思えるなカツマタきゅんは。
万博での「ともだち」復活の話さえ省けるのなら,「ともだち」は
ずっとフクベエでよかった筈だし話の緊密性もあった筈。
やはりあの禍々しい偽りの奇跡をどうしても描きたかったのか。
映画ではへんな端折り方をして,法王抜きの気の抜けた復活をしていたが。
眠いのでまた明日。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。