上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月25日,マイケル・ジャクソンの死と日を同じくして
ファラ・フォーセットが旅立った。
癌だったらしい。
チャーリーズ・エンジェルのジルとして大人気を博し、
そしてサンバーンでのファッショナブルなセクシーさ。

サンバーン [DVD]サンバーン [DVD]
(2003/12/21)
ファラ・フォーセットチャールズ・グローディン

商品詳細を見る

このポスターが世界中の独身男の部屋を飾ったという

空缶にとってファラといえば,何よりもコレ
SATURN_3.jpg

彼女のキャラが際立っていて素晴らしい。
幻想的でポップな世界でハッピーエンドの予感の元,
SFメカを相手にサスペンスするファラは本当に輝いている。
リプリーほどの武闘派でもなく,かと言ってかよわいだけでもない
この微妙な位置づけが「男、ジャマだテメー!」という適度の嫉妬を。
こういう映画が空缶に,アメリカっていいねと夢を与えてくれた。
追記:
↑読み返したら自分でも何書いてるのか分からない。
取り乱しっぷりの記録として敢えて修正しないでおく

saturn3.jpg
SF映画はこういうエロを取り戻すべきだ。

華々しい活躍の後,何やらライアン・オニール側のドタバタに巻き込まれたり
薬物疑惑を持たれたりなど,彼女の噂はゴシップ系ばかりで
「色々あるもんだね・・・」と複雑な気持ちだったが・・・。

ラッセンの海のような世界で,悪党と頼もしい男に挟まれて
恐ろしくもワクワクする,とこしえの追いかけっこを・・・合掌。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。