上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UFOなんて,素人がどうつついても正体が割れる物じゃない。
まず何をどう調べていいのか分からないし、あまり深入りすると
謎の黒服の男達に脅迫される習わしになっている。割に合わない。
先日はそんな事を漠然と思いながら眠りについたのだが,
やっぱよく観察しておけばよかったと少し後悔している。

そんな陰謀史観が実を結んだのか,寝てから妙な夢を見た。
以下その粗筋。
自室に入ると,壁に一本の木刀が立てかけてある。
やった覚えもないし自分の物でもない。
分かっている。俺を敵視している誰かの仕業なのだ。
「いつでも好きな時に侵入できるぞ」という示威行為であり
「これを振り回してかかって来んか」という挑発でもある。
振り返って押し入れを見る。積み重なった木刀で一杯だ。
今回が初めてではない。これでもう何度目になるのだろう。
こんな事を続ける手間や金も並大抵ではないだろう。
どうにかしたいのは山々だが,誰の仕業か分からないのに
一体何をどうしろと言うのだ。
それに,敵である俺に武器をこんなに過剰供給するなんて,
もしかして・・・ただのバカなのか・・・。

なんか表で,黒いビュイックがクラクションで呼んでいるので
とりあえずここまで。
zamora.jpg

追記;
貴重な遭遇もそこそこに惰眠をむさぼった言い訳めくが
UFOを見ている時、ほんとに「ごく自然な事」に思えたのは事実。
漁船が飛ばした何かかも,という推測もあったにしろ,
こういうものに目のない自分が,何でああも平気で流せたのか
今思えば不思議で仕方ない。
窓から確認した時は「うわ?まだいるよ」と思ったし。
知識上では「希有な事」と知っていても感覚が麻痺していた。
UFO遭遇事件では,恐怖心や攻撃欲がなぜか抑制されて
不自然に平静な気持ちになるという事例が多く報告されている・・・
なんてね。眠さが勝っただけなんだと自分を納得させてみる。
あ?うるさいなもう。今行くっつってんだろが!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。