上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
perfoma630を手にして以来,空缶はマックユーザである。
win95発売祭りの時は「あ,いーなぁ」とも思いましたが
そして当時から使い続け、馴染んで手放せない幾つかのソフトがある。
そのひとつがこの「DragThing」だ。
dragthing.gif

空缶はランチャーが大好きだ。パレット上に膨大なデータが完璧に分類され
電子の小宇宙を完璧に把握できる、という博物誌的幻想に根拠を与えてくれる。
で,一つで十分ですよという事でdockは停止させている。
DragThingの,Dockとの置き換え可能ぶりは確信犯の匂いがする。
「DockをKillする機能」がないのが不思議な位だ。したらジョブス動くかも
話を戻すと、Dockを機能停止させる際には注意が必要だ。
へたにするとデスクトップやエクスポゼと無理心中を図るからだ。
デスクトップは大半の人にとって必須の環境だし,エクスポゼの便利さも捨て難い。
これらがランチャーとしてのDockとどう関連しているというのか。
Dockの簡易的な親しみやすさが,こういう形で押し売りになっているのはイカンのでは。
カスタマイズはもっとこう救われてなきゃいけないと思いますApple様。
コツとして,マシン起動時にDockを普通に立ち上げて,その後おもむろにkillすれば
Dockだけ止まってデスクトップは生き残る。
エクスポゼはどうしても道連れになるので諦めるしかないが
DragThingで類似の機能があるのでそれを使えばいい。
Dockのkillを代行するこんなソフトもあるけど,使う方はくれぐれも自己責任で。
空缶はずっと起動項目に入れてるけど、OSX10.4.11上で特に不具合はないですが。
心配な人はDockに「デイジー」でも歌わせながら停止させれば完璧である。
で,そうまでして使いたい程にDragThingは至れり尽くせりである。
いじくる項目が多過ぎて初めは戸惑うが,これは、ウチはただのパレットちゃうよ
「ランチャー環境」だから各々心行くまで調整せ?やぁ、という有り難いお告げだ。
カスタマイズの鬼と化すこと間違いない。

...という話は前振りで,ウチでどう使っているか書きたかったんだけど
長くなったので続きはまた後日。

関連記事
関連記事
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2013/07/10(水) 07:59:58 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。