上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漢字Talk時代からMac使いの空缶には、画像ファイルのブラウザが手放せないものだった。
OSX10.5でFinderがサムネ表示やプレビューに強くなり、文字通りのブラウザとして使えるものになるまでは、そういうツールがないと能率的に画像ファイル群を一覧できなかったのだ。
全部じゃないけど、空缶が使っていたブラウザのあれこれを貼っておこう。
Browser1.jpg

特にPhotoPathfinderの、階層やサブフォルダに対する合理的なアプローチは特筆もので永らく愛用していた。目的の場所やファイルへのアクセスが簡単すぎて生きるのが辛かった。
しかしそのうちふと、フォルダを開いたり階層を掘ったりしなくても、中身を大ざっぱに確認できないものかというモノグサな欲望が湧いてきた。
画像ファイルにはサムネがあるから内容は一目瞭然。でも「名称未設定フォルダ」の中に何が入っているかはクリックしないと確認できない。
どの画像ブラウザもフォルダアイコンはのっぺらぼうのままで、空缶の底なしの怠惰さに応えてくれなかった。
そんな時見つけたのがこれ
スノレパのFinderで使えば鬼に金棒じゃないか!
・・・スノレパ未対応でしたとさ。
うなだれながら、次善の策としてフォルダに手動でカスタムアイコンを貼り付ける事にした。
使ったツールがこれ
この手のツールは有料だったり、操作が煩雑だったりであまり活用していなかったんだけど、FolderIconFactoryはフリーな上に簡単操作でアイコンをカスタムできる。200なんぼあったサブフォルダを流れ作業でサクっとやっつけちまいました。
Browser2.jpg

おお、一目でフォルダの中身がわかる。素晴らしいぞ。

ところが、ここまでやってFinderによる閲覧ライフを充実させたところでこんなものを見つけた。
Browser3.jpg

アイコン貼り付け作業は何だったんだ・・・。
この間の悪さが空缶の人生の基調だったりする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。