上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こっちの続き。
一週間ほどPath Finderを試用している。
Path Finder

で、ちょっと問題というか気になる事が。
このソフト自体は素晴らしいのだが...何かにつけ純正のFinderが復活してしまう。
Dockに登録したフォルダを「Finderで開く」で開いた時などがそうだ。
どんな動作がFinderにコネクトするのか逐一チェックしてないのだけど、気がつくと落としておいた筈のFinderが復活している。
Path Finderが完全にFinderを乗っ取っていないのだ。
同じようなものが二つ立ち上がっているのが空缶的にかなりイラっとくる。
また、Finderが死んでいるとTimeMachineに入れない。
思わぬところでFinderがほかの機能と深く絡み合っている。
Path Finderの「かゆいところに手が届く」芸の細かさは特筆もので、あれば重宝するに決まっているんだけど、完全なデフォルトには成りえないのが激しく惜しいんだ。
どうしようかな・・・。

と悩んでいたら、こいつがちょっと進化していた。
totalfinder.png
TotalFinder

Finderにパッチを当ててタブ表示を可能にするソフトだ。
以前試用した時は何ともバギーな代物だったけど、最新バージョンではそれなりに安定している。
いつの間にかタブ間でのファイルのやりとりも可能になっていた。
Path Finderの完璧主義に比べれば地味だけど、それでもFinderの扱いが劇的に向上する。
totalwindow.jpg


こんな感じでタブが付く。

うーむ・・・・悩ましい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2013/07/10(水) 07:59:58 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。