上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そうだそうだ、これは書いとかないと。
今日、会社で昼飯を食いながら女子フィギュアを見ていたんだけど
アリョーナ・レオノワって子が素晴らしかった。
画面下の字幕に「レオノワ」とだけ出てきて「名前は?」と。
「ウラジミールじゃないかって思うんですけどね」
隣で飯を食ってたN君。
「あ、俺も思った」
と空缶。
ウラジミールВладимирは男性名。
「長い名前だから略してあるんじゃないですかね」
「でも『JPN 真央』とかだったら嫌だね」
そんなこんなで見てたんだけど、演技終了後、レオノワが泣き笑いしつつ
アリガト?と盛んに手を振りまくる様で不覚にももらい泣きしそうに。
何というか開けっぴろげな子だ。
彼女の全身から放射される喜びの無垢で手放しな事。
喜納昌吉の「花」にまつわるエピソードを思い出したってのもある。
kina.jpg

東京オリンピックのテレビ中継・・・閉会式、会場に溢れた各国選手たちの様が
「泣いています、笑っています」とアナウンスされて
それで喜納は感動したそうだ。色とりどりの花のような人々への共感に。
過労と苛立ちでブッ倒れそうな激務の中、今日はなにかといい体験が多かった。
明日は休みなので寝ながらゆっくり反芻しようっと。

Леонова
ウラジミールアリョーナ・レオノワ
いい笑顔です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。