上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、テレビで前半だけ見て寝てしまい、それ以来忘れていた作品。
手垢で汚れてくたびれたUSBケーブルが必要になりジャンク屋に寄ったところ
中古DVDが250円で売られていたので、買って鑑賞してみた。
多分にセルフパロディ的である。
トータルリコールでやってみせたミキサーから流動食をガブ飲みするシーンは、
こちらではハンバーガーとコーヒー、床に落ちたパンというヤケクソなレシピだった。
マッチョ御用達のカーボアップでスパルタンな朝食が、まつろわぬ男やもめの
でたらめ料理(?)に落ちぶれている可笑しさ。
ありったけの弾薬をベルトに装填し重火器を手にするところはコマンドー的。
しかし今回は悪い連中に袋叩きにされた後、ボロボロの半泣きになっての反撃だ。
シュワちゃんが性格俳優的に演技している・・・言い換えれば
マッチョヒーローからの転換を図ろうとしているのが印象的だった。
そして脂が浮いた無精髭のシュワちゃんは普通にカッコいい。
フォームラバーみたいな質感ではなく、人としての質感というか。
今は知事などやっているようだが、こういう方向での彼をもっと見てみたかった。

追記:
心臓手術をした後なので、あまり無理できないという事情もあったらしい。


tsukaima.jpg
おそらく使い魔的な謎のオッサン

ドラマの筋書きは単純で、ミレニアムの晦日の晩に特定の娘とまぐわろうとするサタンと、
それを阻止するシュワの攻防戦なのだが、空缶的にはサタンのフランクさが
やや足りないように思えた。
甘い罠でシュワを懐柔しようとするあたりは結構ツボなんだけど
本性むき出しで残虐モードになる比率が全体的に多すぎる。
そういうのはクライマックスまでとっとくべきだ。
こちらの悪魔くんを見習ってほしかった。「スポーン」のクラウンとかね。あれはぶっちゃけ過ぎか。
悪魔は常にユーモアを忘れないでいてほしい、空缶はそう思う。
・・・まあ無関係の第三者に下半身関係の邪魔をされれば
自然カリカリするのは分かるんだが。
それからラスト、シュワが、意思の力でサタンの制御を振り切って・・・の場面
「だからって去勢!?」
と一瞬たまげたのは空缶だけだろーか。
いやだって倒れた石像から陽根的に佇立する刀がフロイト的に
すみません多分疲れているんです

エンド・オブ・デイズ [DVD]エンド・オブ・デイズ [DVD]
(2000/08/11)
アーノルド・シュワルツェネッガーガブリエル・バーン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。