上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平日の夜はPCに向かっている事が多い。
明日も会社だし、寝るまでの時間も限られている。ある意味はんぱな時間。
拾ったソフトを吟味してまた捨てたりWebコンテンツの流し見をしたり。
こういう時のBGMはとても心地のよいもので、ネット配信の音楽を再生するソフトが
常にデスクトップの片隅を占めている。
手持ちのお気に入りを聞けばいいじゃん、というのは日中の思考で
夜更けはコルピクラーニやらホラーズやらの気分じゃないのだ。
聞き覚えのないゆるい曲をだらりと流して疲れた心身を解き放ちたい。
アンビエ?ントである。
かようなニーズは多いのか、探すとアンビエント系の配信をしている局が実に多い。
空缶の最近のフェイバリットはこのへん。
BLUEMARS
illus-home.jpg


SLEEPBOT
Sleepbot.jpg



SomaFM
SomaFMbkg.jpg


ゆるやかなお気に入りという点が肝要で「Soma熱いゼ!」とか
熱烈にリスペクトするのは趣旨から外れる。
この微妙な間合いの会得こそがアンビエント道の神髄である。

配信局を探してリスト表示してくれるソフトが多いが空缶は、
気に入った局から??.plsファイルを拾ってきて特定ソフトに関連づけ、
ファイルのダブルクリックでソフトを開かせるやりかたをしている。
このへんのソフトが.plsファイルの再生に対応している。
musicsoft.jpg


iShoutはOSX10.3の頃に愛用していたが10.4以降では作動しない。
曲の再生中に「あ、いーね!」と思い立って録音すると、
頭から終わりまでをサーチし、完全な一曲としてmp3ファイルにしてくれる
なかなかの優れものだった。
今使っているFStreamには残念ながらその機能はない。
こういうシーンで定番のiTunesだが、バックグラウンドでさりげに・・・
という意味でデカすぎなのであまり使っていない。
面白いのが、Dragthingで.plsファイルをプレビューするとプレイヤーなしで聞けてしまうこと。
恐らくQuickTimeエンジンに依存しているのだろうが。
Finderで動画やmp3をプレビューするのと同じ感覚だ。
こういうところがDragthingに未練タラタラな点。


ひとくちにアンビエントといっても色々あって、
心に沁み入るものもあれば、何だか怖くなってきて慌てて止めるようなものもある。
最近イイなと思えたのがSteve Roachという人の曲。
喜太郎系というか、かなり情感豊かで主張がある曲ばかりだが
波長が合うと心地よくなる。
どうにか環境を整えて湯船で聞きたいと思っている。
湯気もうもうと立てて灯油ランプの灯りで・・・どうだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。