上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BasiliskII.jpg

さあネットだぞ。
mac実機に来ているネットワークの信号をBasiliskII内でアレンジして
仮想漢字Talkに反映させるという仕組み。
だから皆さんお使いの接続サービスがダイヤルアップでも光でも
多分やりかたは同じな筈・・・だが,いまいち自信がない。
うちはADSLでEther接続している。
その前提でやりかたを書いていく。
あと・・・28Kモデムでもここまでいかねぇよって位遅いです。
実機で漢字Talkしていた頃はネットしていなかったので
漢字Talk的にこれが遅いのか早いのか不明ですが,
接続確認して悦に入るくらいしか使い道がありまへん。
あまり期待しないように。

まずBasiliskIIの設定。
Hardware/Ethernet interfaceに「slirp」と記入してセーブ。
これでネット対応に・・・なる筈が問題発生。
ウチだけかも知れないが,何度slirpしてセーブしても保存されず
空欄のままになってしまうのだ。
色々調べたらコレ。BasiliskIIの初期設定ファイル。
Bas31.jpg

ホームフォルダ内にある.basilisk_ii_prefsが書き換えられていないのだ。
アクセス権の関係か,ソフトのバグなのか・・・。
ちなみにこれは普段は見えない不可視ファイル。
こういうツールなどで一時的に見えるようにしている。
そこで手動でこのファイルを書き換えてやる。
ファイルをテキストエディットで開き、最後から二行目に次の一行を書き加える。

ether slirp

Bas32.jpg


これを保存した後でBasiliskIIを開くと,おぉ反映されてる。
Bas33.jpg

これでソフト側の設定はOK。
※当然、一発で設定反映される場合はこの追記作業は不要なので省いてください。

次のブツをゲット。
●Open Transport J-1.1.2(ネットワーク接続に必要な機能拡張)
http://support.apple.com/kb/TA48312?viewlocale=ja_JP
アップルの過去ブツ置き場から

●任意の68Kウェブブラウザ
そもそも今ほどウェブコンテンツが凝っていない時代のものなので
どれもこれも使用には難があります。
その上古いのでなかなか落ちてないけど根性で探してください。
空缶はコレ使ってます。

iCab 2.9.9(Classic, 68K)日本語版
http://www.icab.de/dl.php

これらを前記事・前々記事に書いたようなやり方で仮想漢字Talk環境に持って来て
解凍・展開・755上にインスコ。
インスコ成功したという前提で設定の説明にいきます。

RUNして755を立ち上げ、システムフォルダ→コントロールパネル→TCP/IPを開く。
Bas34.jpg

EthernetのDHCP経由にする。仮想的にイーサ接続を実現する訳だ。
IPやサブネットの値は,バグなのか表示されたりされなかったりする困りもの。
仮想マシンのIPは実機のIPとは違う独自の値を取るので
あるいは何かに使えるかも知れませんねと。

ENV checkerで見た所、世界に対し実機と同じIPを吐いていた。
あくまで出と入りはOSXに依存する"閉じた環境"という事のようだ。


そしてウェブブラウザをオン!
Bas35.jpg

グーグルなど。
このブログを出してみよう・・・とすると重過ぎてフリーズします。
運良く表示されてもブラウザがShift-JIS未対応だというお粗末。
MacProxy+という魔法のソフトもかつて存在したんだけど
今は配布されていないのでどうしようもない。
試行錯誤で上出来なブラウザをチョイスし
ブラウザへのメモリ割当調整、システムダイエットなどをやる事で
どうにかいけそうだけど別にいいよっていうw
ハイパカとInfotronが走ればいいんだ。


老婆心ながらダイエットの仕方など。
やるとシステムの負担が少なくなって快適になれるかも知れない。
・フォント
 OsakaとOsaka丸漢以外はなくても動くので外す。
・機能拡張・コントロールパネル
 使い方によるので何が不要と一概には言えないが,BasiliskII的には
 プリンタ関係、共有関係,モデム・PPP関係は一切不要かと思われる。
・System本体
 中にサウンドファイルやキーボード配列が入っているが
 一般使用なら空っぽにしても差し支えない。
万一壊してもサクっと復活できるのがエミュの良さw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。