上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて,今にも逝きそうなimac。ハラハラしながらこの文を打ってる。
そして明日あたり来そうなmacmini。
因果というか・・・実はBasiliskIIの記事でも書こうかと思っていた矢先の故障だった。
BasiliskII.jpg

OSX上で漢字Talk7を走らせるエミュレータね。
Hypercardの白と黒のエクスタシーを鑑賞し,
そして未だにクリアしてないInfotronの為に必須なのだ。
infotron.jpg<何年かかっとるのアンタ・・・

imacならネイティブでOS8?9が走るのに,何でエミュで漢字Talk7かと言うと
空缶はPerfoma630から始まったのでノスタルジー故。
一ソフトとしてOSを起動できる手軽さも気持ちいい。
実際の68Kマシンよりサクサク動く快適さも捨て難い。
・・・なんてお気楽感覚で使っていたらimacの故障。
Classic環境がないmacmini上での最後の希望になってしまった。
OS8~9についてはSheepShaverというエミュがあるけど,
こっちは動作がどうにもバギーなのでちょっと放置中。
うちのimacがこいつに対し非力なだけかも知れないし,
雪豹あるいはIntel上でどう動くかちょっと期待してる。
とりあえずOSX上でのBasiliskII運用についてメモしておこう。

まずは立ち上げ・・・用意するもの
●BasiliskII本体
http://basilisk.cebix.net/ オフィシャル
・・・なんだけど,mac版の公式サイトが店じまいしたらしく落とせない。
「BasiliskIIV19b」が今現在の最新版っぽい。ググって探してつかぁさい。

●Network Access.image
OS7の最小限の要素だけが入った緊急起動ディスク。
http://download.info.apple.com/Apple_Support_Area/Apple_Software_Updates/English-North_American/Macintosh/Utilities/
アップルの倉庫よりゲット。

●漢字Talk7.5.3
ftp://ftp.apple.co.jp/pub/AppleJapan/Macintosh/System/KT_7.5.3/
アップルのFTPサイトからゲット。

●Mac OS ROM
これがキモ。68Kマシン上で,とあるソフトを使って作成(吸い出し)する訳だが
くそ面倒なので空缶はネトで出来合いを拾った。
空缶は稼働するPerfoma630持ちなのでやっちゃったが,68Kマシン非所持の人が
これでエミュ動かすとお縄なのでご注意の程。SMXのエミュロムと同じですね。
それに留意の上「漢字Talk7 ROM 吸い出し」あたりでググって探してほしい。

インスコ手順・・・予備
Bas0.jpg

1.漢字Talk7.5.3のインストーラを置くボリュームと
 そのインストール先となる本チャンのボリュームを作成する。とりあえず
「inst.dmg」-----50MB
「753DISK.dmg」-----100MB
 としておこう。今はまだ両方からっぽでいい。
2.「Network Access.image」を解凍しておく。
3.BasiliskIIV19bを起動し,初期設定を開く。
4.Disk Volumes/Disk Images to mount にて

 Network Access.image
 inst.dmg
 753DISK.dmg

 の3ツをAddして登録。
 リストの一番上にあるものが起動ディスクとなる仕組み。
Bas1.jpg

5.Emulation/.ROM file でMac OS ROMを選択。
 上の方の諸々は表示やパフォーマンスの調整なので後から存分にいじくる事。
 フルクリーン表示の方がパフォーマンスがいいので
 Screen/Window...はだけは以下の作業をする上でScreenにした方がいいか。

で,とりあえずメイン画面でRAN。RUN。 あー恥ずかし
おー走る走る。
Bas2.jpg

英語システムが文字化けしつつ何か訊ねて来る。
二ツの.dmgボリュームを初期化するかとの事なので初期化する。
ディスクはHFS標準としてフォーマットされる。
名前もわかりやすいよう,instと753DISKとしとく。
とりあえずシャットダウンで一旦終了。

まとめ:自作ボリュームのHFS標準フォーマット作業。

インスコ手順・・・メイン
次。753DISK.dmgに漢字Talk7.5.3をインスコして起動ディスクを作る。
漢字Talk7.5.3の圧縮ファイルをOSX側で解凍して「KT 7.5.3.1.smi」という状態にする。
inst.dmgをマウントしてそこにコピー。
※BasiliskII起動時は,これらのイメージファイルはOSX側ではアンマウントさせておくのが無難。
もう一回BasiliskIIを起動。
instディスクの中のKT 7.5.3.1.smiをダブルクリックで展開させる。
仮想ディスクが現れるはずだ。
Bas4.jpg

開くと何やら文字化けしまくっているが,あせらず上から二番目のフォルダを開く。
そう,そいつが漢字Talk753インストーラ。
Bas00.jpg

焦るな。静かにダブルクリックで起動するんだ。
激しく意味不明だが勘を頼りに753DISKを選択しろ。ボタンは5つ。
腕の見せ所だ。女神が微笑めばインスコ開始。
Bas3.jpg

成功したらシャットダウンして一旦終了。

次。Disk Volumes/Disk Images to mountのボリュームリストを操作して
753DISK.dmgが先頭にくるようにする。
※RemoveボタンでNetwork Access.imageを削除。ご苦労だった。
右端のDeleteボタンは使ってはいけない。実ファイルが消去されてしまう

RANRUNする。
歴史的瞬間ですw
Bas5.jpg


とか書いていたら宅配便がmacminiを持ってきた。
いつこのimac様が逝かれるか分かったもんじゃないので放置して
次の記事で755へのアップデート方法,憧れのネト接続について書く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2013/10/24(木) 11:06:55 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。