上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
で,ソラリスの方でちょっと触れた「愛の嵐」と「赤い帽子の女」にも触れておきたい。
両者共通なのは,ナチズムの澱んだ影とその退廃をエロく描いている事。
こんなのにはまる中学生って・・・俺なんだけど。

「愛の嵐」
thenighitporter.jpg

ナチ親衛隊だった男と収容所で慰み者にされていたユダヤ人女性が,
戦後ばったり再会して破滅的な恋に落ちて行くというお話。
ナチの残党たちが組織するグループの一員でもある男は
仲間から爛れた関係を叱責されるが懲りずに愛欲のドつぼにはまっていき
ついには命を狙われる事になるのだった・・・。

栄光の第三帝国の影がチラつく愛欲模様ってのはえらく退廃的。
収容所内での,最悪にして背徳なダンスシーンが有名だが,
どう見たって悲惨で残酷でしかないこの場面で,男が欲情していたのはまぁいいとして
女性もある種の共犯者として目覚めていたからこそ本編の恋愛はあった訳で
どうにも挑戦的なインモラルっぷり。
そしてナチだ何だっていう飾りを剥いでしまえば「男と女」,それだけの事。
好きなんだからいいじゃない,と言える事は素晴らしい。
清くも正しくもないのにスカっとする。ざまぁ見ろ。何がだ。

愛の嵐-無修正ノーカット完全版- [DVD]愛の嵐-無修正ノーカット完全版- [DVD]
(2005/03/16)
ダーク・ボガートリリアーナ・カヴァーニ

商品詳細を見る



「赤い帽子の女」

こちらはナチ台頭直前の不況に喘ぐドイツを舞台に,
ジャパンマネーでやりたい放題をしに渡独したものの当てのない男と
奔放なドイツ女のやりとりを描いた映画。
全編、薄曇りのようなどんよりした気配の中で,鬱屈した男と
自暴自棄にも見える女のだらしない恋愛模様が鬱鬱と展開されていく。
筋があるようなないような展開の中で,欲求不満の象徴のように空に浮かぶ
ツェッペリン飛行船。
走りながら死んでいる競輪選手。荒れた路地裏での寒々しい大道芸。
あの破天荒な泉谷しげるさえもが死すべき者として虚しく描かれており
ダウナー甚だしい。
全編、不吉で薄暗いモチーフの連続であり,鬱気味の時は見てはいけない映画。
なぜこの映画に永島敏行なのかもよく分からず不安を誘う。

追記:
「ダメだこりゃ!」と言わんばかりのコメントになってしまったけど
この鬱屈感がイイのです。
先のなさ故に足掻きねじれる,迸りの出口のなさが。
ただし見終わったあと無性にテレビのバラエティで禊ぎをしたくなる映画ではあります。




「愛の嵐」の有名なこのシーン。デカダンです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。