ニューヨーク1997 -雑感も雑感ッス-

>あれはあれでいずれ感想を書きたいフェイバリットな映画だけどと前の記事で書いたけど,別にあたためておいても仕方ないので書いてしまおう。以前、映画秘宝を意識した単発のムックでどこかのライターが「カーペンターほど行き当たりばったりでテーマが一貫しない監督も珍しい」という趣旨の,あまりにもトンチキな発言をしていて呆れた記憶がある。邪悪な力が開放されようとしている恐ろしさ,このテーマばかりを飽くことなく追... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。