故 鳥居みゆき告別式 ~狂宴封鎖的世界~

中学生の時に学芸会があり、空缶がシナリオを書く事になった。「殺す」「キチガイ」「土人」等等、不穏な言葉満載の登場人物が全員死ぬブラックコメディを書き上げたのだがそれは空缶が複雑な家庭の子だったからではなく、ヒューマニズムよりはMADだぜ!と既に自分を規定していたからだ。ほのかな恋心を抱いていた女性教師が空缶の原稿をチェックしたところ笑った勢いで鼻水を吹き出したのが悔しかったのか「こんなの出来る訳ない... 続きを読む

鳥居みゆきとキャリントン

「夜にはずっと深い夜を」を読んで以来、何かが潜在意識で蠢いていた。何だろう? う?モヤモヤする。さっき夕飯を食べていたらそやつがポンと表に出てきた。「夜には・・・」の醸す空気がレオノーラ・キャリントンを想起させるんだ。深淵でシリアスなものと吹き出してしまうようなナンセンスの混交、魔術的思考による現実解釈。そして狂気を狂気のまま暴れさせるのではなく、ちゃんと作品に昇華させる才能。ついでに言えばキャリ... 続きを読む

鳥居みゆきの赤白黒(2)

という訳で続き。夜にはずっと深い夜を(2009/08/06)鳥居みゆき商品詳細を見るどこかよじれて破綻した人たちの織りなす短編集。ひとつの話でひとりが登場し、よじれた関係性で次の人の話に続いていく。そして最後の話がこれまたよじれて最初の話に関連づけられ奇妙な輪が出来上がる。これはシュニッツラーの「輪舞」のヴァリアント。輪舞 (岩波文庫)(1987/07)シュニッツラー商品詳細を見る輪舞の方は上流階級の紳士淑女の下半身繋が... 続きを読む

鳥居みゆきの赤白黒

異能の女芸人・鳥居みゆきによる初の書き下ろし「夜にはずっと深い夜を」を購入。四六版変形という奴で、ポケットに入れるには大きく手のひらサイズというには微妙に大きい妙な存在感。パラパラめくってみたが、黒地に白抜きのページと赤い紙に黒く印刷、のページが交互に続いている。赤と黒といえば、倉橋由美子の「パルタイ」初版本を入手した時の妙な興奮を思い出す。まず呪物としての書籍。どうにも出典が思い出せないんだが、... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。